医学講義│医学の勉強法〜臨床医学・基礎医学

尿失禁

自分の意志とは関係なく尿がもれてしまうことを尿失禁と呼びます。
尿失禁の種類には切迫性尿失禁、反射性尿失禁、溢流性尿失禁(奇異性尿失禁)、真性尿失禁、腹圧性尿失禁(緊張性尿失禁)、機能性尿失禁があります。

 

1)切迫性尿失禁(UUI:Urgency Urinary Incontinence)

名前のとおり、突然強い尿意を感じ(尿意切迫感)、トイレに駆け込むが間に合わず漏らしてしまうことを切迫性尿失禁といいます。
切迫性尿失禁は過活動膀胱の主な症状の一つです。

 

腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁を同時にみたものを、混合性尿失禁と呼びます。
切迫性尿失禁はその原因により運動性切迫性尿失禁感覚性切迫性尿失禁に分けられます。

 

@運動性切迫性尿失禁

大脳皮質は、橋排尿中枢(PMC)を抑制することで排尿を抑えています。しかし、脳血管障害などで大脳の障害がおこるとこのコントロールはうまくいかず、膀胱に少量の尿が貯留しただけでも、大脳皮質からの抑制がなくなった橋が排尿をおこしてしまう。このように脳からの抑制がなくなってしまうことで、膀胱が勝手に収縮してしまうことを無抑制収縮といいます。

 

脳血管障害以外にも脳動脈硬化症パーキンソン病多発性硬化症などが原因となります。これらの原因からもわかるとおり、高齢者に好発しやすい尿失禁です。

 

膀胱を収縮させる神経は骨盤神経(副交感神経)です。よって、治療には膀胱の収縮を抑制する薬である抗コリン薬を用います。

意識的に排尿をしようとする際に、橋排尿中枢(PMC)への抑制が解除されます。
橋排尿中枢は(PMC)は骨盤神経を興奮させ膀胱(排尿筋)収縮、また下腹神経の活動を低下させ内尿道括約筋を弛緩させます。これにより排尿がおこります。
大脳皮質は通常、橋排尿中枢は(PMC)を抑制して排尿しないようにしています。強い尿意があっても、トイレまで我慢できるのはこのおかげです。
→詳しくはこちら(排尿)

A感覚性切迫性尿失禁

過活動膀胱神経因性膀胱膀胱炎などにより膀胱が過敏になっています。これにより、必要以上の排尿反射刺激が加わることで、大脳皮質から橋排尿中枢(PMC)への抑制がとけてしまい、尿が漏れてしまいます。

 

尿意を感じる大脳皮質の部分は運動性切迫性尿失禁・感覚性切迫性尿失禁どちらも正常なので、尿意はあります

 

2)反射性尿失禁

橋と仙髄の排尿中枢(仙髄排尿中枢:S2〜S4)の間の障害でみられます。

 

原因としては脳障害脊髄損傷脊髄腫瘍などがあります。
脳障害は運動性切迫性尿失禁と重なる部分があります。これは、脳障害が橋に問題を生じている場合には、反射性尿失禁の原因にもなるからです。

 

脊髄の障害により、上行路・下行路のどちらも障害されます。上行路の障害により膀胱から大脳皮質への信号は到達せず(上行路)、尿意を感じることができません。さらに、下行路にも障害があるので脳から膀胱排尿筋や尿道括約筋への信号が送れません。この下行路の障害は脊髄の損傷なので、上位ニューロン障害です。これにより、下位運動ニューロンには脱抑制がおこり、反射亢進がおこります。

 

下位運動ニューロンが反射亢進状態にあることで、膀胱に刺激が加わるとその感覚は脊髄反射を介して反射性(無意識)に膀胱を刺激し、尿を失禁します。

 

3)溢流性尿失禁(奇異性尿失禁)

溢流性尿失禁は尿を出したくても出せず、膀胱に尿がどんどん貯まっていきます。膀胱内圧が強くなり過ぎて尿道内圧に勝ると、尿が少しずつ漏れ出てしまいます。
「溢流」とは「溢(あふ)れ出てくる」という意味です。
溢流性尿失禁は別名、奇異性尿失禁とも言います。自分の意志では尿出せないのに、気づいたら溢れ出ているっていう「奇異=奇妙」なのでこの名前がついています。

 

尿意がある場合とない場合で分けてみます。

 

@尿意がある溢流性尿失禁(奇異性尿失禁)
前立腺肥大症、前立腺癌、尿道狭窄など尿道から尿が出ていけず、膀胱内に尿がどんどん貯まっていきパンパンになり(尿閉)、失禁をおこします。また、向精神薬には抗コリン作用があるので、長期服用していると膀胱が収縮できず尿が溜まっていき(尿閉)、溢流性尿失禁になります。

 

これらは神経の障害はないので、膀胱からの大脳皮質への信号は送られ、尿意が感じられます

 

A尿意がない溢流性尿失禁(奇異性尿失禁)
糖尿病骨盤内手術(子宮癌、直腸癌など)では末梢神経障害がみられ膀胱の収縮に障害がおきてしまいます。

 

糖尿病が進行すると神経障害を起こします。骨盤内の手術中に末梢神経を障害してしまうこともあります。末梢神経を障害した場合には、膀胱からの尿意を大脳皮質に伝えられず、尿意がありません

 

4)真性尿失禁

尿道括約筋の障害で、腎臓からの尿が膀胱に貯まらずに、そのまま尿道へと漏れ出てしまっているものを真性尿失禁といいます。意識もなにもしていないのに、ひとりでに尿がもれてしまいます。

 

外傷や手術(前立腺など)により尿道括約筋を傷つけたり、先天奇型である二分脊椎などでは尿道括約筋を支配している神経が障害されまことが原因となります。

 

もちろん尿が膀胱に貯まることはなく漏れ出てしまっているので、尿意はありません

 

5)腹圧性尿失禁(緊張性尿失禁)

トイレに行きたくないのに咳やくしゃみ、重いものを持ち上げた時に急に腹圧が上がることでおこる尿失禁のことを腹圧性尿失禁といいます。

 

くしゃみなどふとした瞬間に漏れてしまうので、尿意はありません

 

原因として高齢女性多経産婦閉経(黄体ホルモンの低下)、肥満などでみられます。これらは骨盤底筋群が弱くなり、尿道の締りが悪くなります。ここに急に腹圧がかかることで尿が漏れてしまいます。

 

なぜ女性に腹圧性尿失禁が多いかというと、女性は男性に比べ@尿道は短く直線的で、A骨盤底筋(骨盤内の臓器を支える筋肉群)が弱いという特徴があるからです。
骨盤底筋群が弱ってしまうことが原因なので、治療としては骨盤底筋の訓練や体操が有効になります。

 

腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁を同時にみたものを、混合性尿失禁と呼びます。

 

6)機能性尿失禁

排尿機能に異状がないが、身体運動機能が低下することでトイレまで間に合わなかったり、認知症でトイレの場所がわからず漏らしてしまうといったものを機能性尿失禁といいます。高齢者に多い。

Sponsored Link

ホーム お問い合わせ