医学講義|医学の勉強法〜臨床医学・基礎医学

解剖生理学

Sponsored Link

解剖生理学記事一覧

消化管壁の構造

消化管の壁は内側から粘膜(m)、固有筋層(mp)、漿膜(s)または外膜と3層構造をしています。1)粘膜(m:mucousa)粘膜(m)は内側から粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下組織(粘膜下層)と4層に分かれています。@粘膜上皮どこがなんの上皮(扁平上皮、円柱上皮など)でできているのか覚えますが...

≫続きを読む

排尿生理

1)尿意を感じていない段階@尿量が50mlまで膀胱に尿が貯まり始め、尿量が約50mlまでは尿量の増加にともなって膀胱内圧が上昇します。A尿量が150〜300mlまで蓄尿時の関わる筋・作用・支配神経作用支配神経膀胱排尿筋弛緩下腹神経(交感神経)内尿道括約筋収縮下腹神経(交感神経)外尿道括約筋収縮陰部神...

≫続きを読む


ホーム お問い合わせ