医学講義│医学の勉強法〜臨床医学・基礎医学

消化管壁の構造

消化管の壁は内側から粘膜(m)固有筋層(mp)漿膜(s)または外膜と3層構造をしています。

1)粘膜(m:mucousa)

粘膜(m)は内側から粘膜上皮粘膜固有層粘膜筋板粘膜下組織(粘膜下層)と4層に分かれています。

 

@粘膜上皮
どこがなんの上皮(扁平上皮、円柱上皮など)でできているのか覚えますが、これは粘膜上皮の形によって分けられています。

 

たとえば、食道の粘膜上皮は、食べものなどが通っても傷つかないように何重にも重なった重層扁平上皮でできています。

 

A粘膜固有層
粘膜固有層は繊細な膠原繊維(こうげんせんい)が密に織りなした結合組織の層です。

 

B粘膜筋板
粘膜筋板は平滑筋の薄い層で、これは消化管の形の維持に大事な役割をしています。

口側の腸管が肛門側の腸管にねじれ込むことで有名な腸重積は粘膜筋板の形成不全により起こります。

 

C粘膜下組織(粘膜下層)
粘膜下組織(粘膜下層)には血管リンパ管神経が通っています。

 

癌は血液やリンパ管にのって他の臓器に転移します。
つまり、癌が粘膜上皮から粘膜固有層、粘膜筋板へとどんどん浸潤が進み、ついにこの粘膜下層まで達っしてしまうと転移しやすくなってしまいます。

食道癌で粘膜下層まで癌が浸潤すると、リンパ管にのって他のところに転移してしまう飛石転移(skip lesion)などが見られます。

さらに粘膜下組織(粘膜下層)には上の層の粘膜筋板を動かすための神経の集まりがあります。それを粘膜下神経叢(マイスネル神経叢、Meissner神経叢)といいます。

神経叢の叢は「くさむら」と読みます。
つまり、神経が草むらのように集まっているという意味で、神経がたくさん密集しているよってことをいっています。

 

2)固有筋層(mp:muscularis propria)

固有筋層(mp)は平滑筋でできた厚い層です。通常2層構造で、内側の円を描く輪走筋、外側で縦に走る縦走筋でできています。「内輪外縦(ないりんがいじゅう)」と覚えます。

 

2層構造ではない例外として、3層構造であるが有名です。
胃は内側が縦走筋、まん中が輪走筋、外側が縦走筋で「内斜中輪外縦(ないしゃちゅうりんがいじゅう)」と覚えます。すごく有名なので必ず覚えましょう。

 

固有筋層は筋なので、それを動かすための神経があるはずです。
それが筋層間神経叢(アウエルバッハ神経叢、Auerbach神経叢)です。名前のとおり、「筋層」の「間」の「神経」なので、内側の平滑筋と外側の平滑筋の間にある神経叢という意味です。

 

消化管が蠕動運動するときにはたらく神経がこのアウエルバッハ神経叢であり、その際に動く平滑筋が固有筋層なのです。

食道下部にあるアウエルバッハ神経叢が変声・消失してしまう食道アカラシアは、食道下部が勝手に収縮してしまい、緩まなくなってしまいます。

 

3)漿膜(s:serosa)または外膜

腹腔内と胸腔内の臓器の一番外側は漿膜から、それ以外の臓器の一番外側は外膜からなっていると覚えておけばいいでしょう。

Sponsored Link

ホーム お問い合わせ