医学講義|医学の勉強法〜臨床医学・基礎医学

消化管(食道、胃、腸の疾患)

Sponsored Link

消化管記事一覧

マロリー・ワイス症候群(Mallory-Weiss症候群)

【概念】お酒を飲んだ後に激しい嘔吐をすることにより、食道胃接合部の粘膜が裂けて吐血をみます。食道壁が粘膜下層まで裂けるものであり、食道壁全層が裂ける突発性食道破裂(Boerhaave症候群)とは異なります。特に食道小彎が裂けやすくなってます。※マロリー・ワイス症候群は粘膜下層までの裂創で、特発性食道...

≫続きを読む

特発性食道破裂(ブールハーフェ症候群、Boerhaave症候群)

【概念】マロリー・ワイス症候群と同じく、激しい嘔吐などにより腹腔内圧が上昇することで、食道壁全層が裂けます。特に食道下部1/3の左側が裂けやすいです。食道は下に行くほど壁が薄くなり、食道下部左側は比較的周囲の構造との間に余裕があるので圧がかかりやすい部位となっているのでここに好発します。※マロリー・...

≫続きを読む

食道アカラシア

【概念】食道平滑筋内のアウエルバッハ神経叢が変性・消失することで、下部食道括約筋〈LES〉が緩まなくなってしまう疾患です。アウエルバッハ神経叢は消化管の神経叢なので、迷走神経に支配され自分の意思では動かすことができません。(消化管は平滑筋なので不随意筋である)なので、アウエルバッハ神経叢の変性・消失...

≫続きを読む

胃食道逆流症(逆流性食道炎,GERD)

【概念】胃から食道に胃内容物が逆流してしまう疾患です。【原因】下部食道括約部(LES)の機能不全で下部食道括約筋が緩んでしまうことが最大の原因です。・食道裂孔ヘルニア(滑脱型)食道裂孔ヘルニア滑脱型は胃噴門部が食道裂孔から胸腔内に飛び出してしまうので、今まで胃内容物の逆流を防止していた横隔膜の位置よ...

≫続きを読む

食道癌

【疫学】高齢者の男性に多く、胸部中部食道に好発し、扁平上皮癌がほとんどです。(Barrett食道により腺癌も発生します)【原因】喫煙、アルコール、熱い食事、高塩分食、Barrett食道が原因です。これらは食道粘膜に慢性的に機械的な刺激を加え、何度も刺激が加えられていくうちに正常細胞が癌化していくので...

≫続きを読む

食道裂孔ヘルニア

【概念】食道裂孔から胃が胸腔内に飛び出してしまう(脱出する)ことです。食道裂孔とは横隔膜にある穴で、食道が通ります。横隔膜には食道裂孔の他に大動脈裂孔、大静脈孔という2つの穴があります。【原因】高齢者の女性に多く、加齢によって靭帯が弱くなったことによるものと思われます。妊婦や肥満者にも多く、これは腹...

≫続きを読む

食道憩室

【概念】食道壁の一部が外に向かって膨らみ「部屋」を作っている状態のことです。【分類】@Zenker憩室(ツェンカー憩室)咽頭から食道の移行部(上部食道)には筋層の弱い部分があり、そこから食道内腔が飛び出し「部屋」ができます(圧出型)。筋層の弱い部分が飛び出したため、憩室壁には固有筋層がありません。(...

≫続きを読む


ホーム お問い合わせ