医学講義│医学の勉強法〜臨床医学・基礎医学

胃食道逆流症(逆流性食道炎、GERD)

【概念】
胃から食道に胃内容物が逆流してしまう疾患です。

 

【原因】
下部食道括約部(LES)の機能不全で下部食道括約筋が緩んでしまうことが最大の原因です。

 

食道裂孔ヘルニア(滑脱型)
食道裂孔ヘルニア滑脱型は胃噴門部が食道裂孔から胸腔内に飛び出してしまうので、今まで胃内容物の逆流を防止していた横隔膜の位置よりも高い位置に食道胃接合部が移動してしまい逆流が起こりやすくなってしまいます。

 

胃噴門部切除
胃噴門部を切除してしまうと下部食道括約筋(LES)も傷害されてしまい締りが悪くなり逆流が起こりやすくなります。

 

ヘリコバクター・ピロリ除菌後
Helicobacter pylori(ヘリコバクター・ピロリ菌)はウレアーゼ活性を持っており尿素が分解されアンモニアと二酸化炭素が産生されます。このアンモニアが塩基性なのでピロリ菌周囲の胃酸は中和され、強酸の環境である胃の中でも生息できるのです。
なので、ピロリ菌が除菌されると胃酸を中和していたアンモニアも産生されなくなり胃酸が強くなってしまうので胃食道逆流症(GERD)が起こりやすくなります。

 

強皮症
食道が線維化してしまいLES圧が低下してしまい、食道への逆流が起こりやすくなります。

 

肥満
肥満によりお腹周囲の脂肪が胃などを圧迫することで腹圧がLES圧を上回り逆流が起こります。

 

高脂肪食
脂っこい食事をすると胆汁分泌をするためコレシストキニン(CCK)が分泌される。
CCKはLESの収縮を抑制することでLES圧を低下させる作用があることが知られているので、LES圧が下がることで逆流が起こりやすくなってしまう。
(脂肪を吸收する際に必要な酵素がリパ−ゼであり、そのリパ−ゼは胆汁中入っている。脂っこい食事を取るとCCKが分泌され胆嚢が収縮し胆汁が分泌される。)

 

重症心身障害児
重症心身障害児に特有な症状である筋緊張や腹圧の上昇などで胃食道逆流症(GERD)が起こりやすくなります。

 

【症状】
食道に胃酸が逆流するので、食道粘膜が酸で焼かれ胸やけを引き起こします。
飲み会で何回も嘔吐した次の日に胸の辺りに違和感があるのと同じです。
下部食道括約筋が緩んでいるので横になる(臥位)と胃酸が逆流するので増悪因子になります。

 

さらには胃液の逆流により食道粘膜に炎症が起こり続けるとBarret食道を引き起こします。

*Barret食道とは…もともと扁平上皮である食道の上皮が円柱上皮にに変わってしまうものであり、発癌性があり食道腺癌を引き起こす。一般的に食道癌は扁平上皮癌であることが多いが、Barrett食道により円柱上皮に変わっているので、そこが癌化すること腺癌になります。

【検査】
食道造影検査
高度の逆流性食道炎になってくると、食道上皮が傷つきギューッと凝縮してくる。この下部食道に狭窄した画像が見られようになる。
逆流性食道炎は下部食道括約筋(LES)が緩んでるといわれるので、狭窄するのはおかしいだろうと思が、高度に食道上皮が傷つけられると狭窄するということを忘れないようにしてください。

 

食道内視鏡検査写真
胃酸により傷害された食道粘膜が赤くなったり、びらん・潰瘍を起こすことでそこがヒトデの様にみえる画像が見られることが特徴的である。

 

食道内圧検査
下部食道括約筋(LES)が緩んでいるのでLES圧が低下します。

 

24時間食道内pHモニタリング
通常の食道のpHは5〜7ぐらいですが、食道内のpHが4未満になる時間の割合が24時間で4%を超えた場合、胃食道逆流症(GERD)とわかります。

 

【治療】
胃酸が逆流してしまうので、逆流してもなるべく食道粘膜の傷害を少なくしようと胃酸分泌を抑える薬であるプロトンポンプインヒビター(PPI)H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)を用います。
さらに外科的治療としてNissen手術(ニッセン手術)という食道への逆流防止のための手術も行われます。

Sponsored Link

ホーム お問い合わせ